iPhone修理は正規店以外でもできますよ!

ここ数年で非正規店のiPhone修理専門店が増えています。iPhoneの修理は正規店以外でもできる時代に突入しました。

非正規店を利用するうえで注意しなければいけないことはなにか。メリットとデメリットをふまえて考えてみたいと思います。

正規店と非正規の違いは?

正規店はアップル公認の店舗。非正規店はアップル非公認の店舗になります。

非正規店のメリット

yjtjydt
非正規店に修理を依頼した場合、修理に関する知識に特化した職人が修理を担当します。正規店と違い、故障した箇所のみ修理をすることができます。

部品は数多く出回っている社外部品を使うため、純正部品より安く済ますことができ修理代を安くすることができます。

待ち時間が短い

非正規店は飛び込みにも即時に対応してくれます。正規店の予約制と違い臨機応変に対応してくれるも魅力のひとつです。

大切なデータが残る!

一番の特徴としてはiPhone内のデータが消えないという点です。大切なデータが消えないのは利用者にとっては大きなメリットです。

故障箇所だけを修理するため、事前にバックアップを取る必要がなくなります。念のためにバックアップを取っておくといいかも知れません。

非正規店のデメリット

iPhone修理を専門とする非正規店はたくさんあります。修理実績のある店舗から新規参入した店舗まで。利用者は自ら店舗の実績や評判などを調べる必要があります。

専門スタッフのレベルが大きく異なる。

非正規店の場合、修理実績が大きく影響してきます。修理実績が多い専門店では独自の修理マニュアルや高い技術を持つ専門スタッフが多くいます。

また新規参入したばかりの店舗の場合、修理実績が少ないために修理完了までに時間がかかったり、修理ができないといった不足の事態になることも考えられます。

信頼できる修理業者の見分け方は?

はじめに確認することは利用しようとしている修理専門店の評判です。多くの場合、店舗名を入れればホームページや口コミサイトが出てきます。

今から利用しようとしている修理専門店は自分以外の利用者からどう思われているのか知ることが大切です。まずはネットで検索することが得策です。

次に気をつけたいのは店舗スタッフの実績です。実績や経験のあるスタッフは解りやすく正確に回答してくれます。

もしわからないことがある場合、すぐに調べて回答してくれる姿勢を持ったスタッフがいる店舗がおすすめです。

修理に使う部品について確認する。

非正規店では社外品を使ってiPhone修理を行います。その為、どこのメーカーの部品を使うのか確認しましょう。事前に修理部品を作っているメーカーを調べておくとスムーズに話を進めることができます。

修理時間や修理完了日数を確認する。

修理を任せられる専門店を見つけたら次に確認すること、それは修理が完了するまでにどれくらいの時間と日数がかかるのか確認が必要です。

保証サービスに関して確認する。

iPhone購入時、アップルの保証に加入されている方が多いと思います。非正規店に修理を依頼した場合、アップルの保証が無くなる場合があります。

必ず修理を依頼する専門店から保証についての説明があるか確認することが重要です。非正規店が行っている保証サービスもあるので必ず確認するようにしましょう。

正規店と非正規店を上手に使いわけよう。

iPhone修理が必要になったときは正規店と非正規店の両方に持って行き修理内容や料金などを確認してから修理に出すのがいいでしょう。
■おすすめサイトはこちら⇒iPhone修理町田【http://iphone-machida.net/】

Wgat's New

アーカイブ

iPhone修理町田
ページ上に戻る